スポーツ観戦におすすめの双眼鏡

 

スポーツ観戦に今度行かれる方

 

事前に準備しないといけませんが、中でも双眼鏡は必須アイテムです。

 

現地で遠くの対象人物を見るのに裸眼では、米粒のようにしか見えず、ストレスがたまるケースがほとんどになります。

 

より近くで対象人物を感じるためにも双眼鏡は必ず持っていきましょう。

 

ただ、一口に双眼鏡といっても大きさやスペックで見え方は違ってきます。

 

ここでは、スポーツ観戦用双眼鏡の選び方をご提案いたします。

 

 

スポーツ観戦用双眼鏡の選び方

 

スポーツ観戦用双眼鏡の選び方にはいくつかポイントがあります。
  • 倍率
  • 重さ

上記の2点の選定の仕方がとても大事になってきます。

 

     

    とは言っても

     

    チェックポイントは簡単です。

     

    ここでは、スポーツ観戦用双眼鏡の選び方に関して

    • 倍率
    • 重さ

    上記の2点に最大のフォーカスをしながらその他の注意点も合わせてご説明します。

     

     

    おすすめの倍率

    まず気になるのは双眼鏡の倍率です。

     

    巷では、5倍~100倍以上までの物が販売されております。

    正直かなり幅が広いです。

     

    倍率の定義ですが

    双眼鏡の見え方は「対象物までの距離÷倍率」でイメージできます。

    例えばコンサートなどで客席からステージまでの距離が100mだった場合、8倍の双眼鏡を使用すると12.5mの距離、10倍の双眼鏡を使用すると10mの距離まで近づいた時とほぼ同じ大きさで見ることができます。

     

    当然ですが、100倍の双眼鏡を使用すれば

    対象物までの距離が100mの場合、1mの距離まで近づいた時と同じ大きさとなります。

     

    しかし、双眼鏡全般に言えることですが

    高倍率になるほど、視界が狭くなり、明るさが保てない

    という逃れられない特徴があります。

     

    いくら距離が近づいても、視界が狭くなり、明るさが保てない状況ではストレスがたまるだけでつまらない時間となるでしょう。

     

    そこで、私共ナシカでは、5倍からせいぜい21倍くらいまでの双眼鏡をおすすめいたします。

     

    屋内会場でおすすめの倍率は?

    結論です。

     

    屋内会場では、そんなに高倍率の双眼鏡は必要ありません。

     

    屋内ならば、対象まで50m以上離れることはないと思います。

     

    したがってせいぜい7倍程度までの倍率があれば十分です。

     

    5倍の双眼鏡を使用すれば

    対象物までの距離が50mの場合、10mの距離まで近づいた時と同じ大きさとなります。

    7倍の双眼鏡を使用すれば

    対象物までの距離が50mの場合、約7mの距離まで近づいた時と同じ大きさとなります。

    十分適切な距離だと思いませんか?

     

    OPTICAI 5×21 MC ツイストタイプ

     

    目の疲れを感じさせない、高性能・広視界双眼鏡。 Bak-4プリズムでより明るく鮮明でシャープな映像を楽しめます。明るくクリアでよりワイドな 世界を実現。室内外スポーツ観戦、劇場・観劇、コンサートをはじめ、あらゆるシーンで活躍。 コンパクトタイプなので軽量で持ちやすく、全ての方にお楽しみいただける双眼鏡です。

     

     

    OPTICAI 5×21 MC ツイスト

    7,128円(税込)

    OPTICAI 7×21 MC ツイストタイプ

     

    Bak-4プリズムでより明るく鮮明でシャープな映像を楽しめます。接眼レンズを大きくする事でより明るく、よりワイドな世界を実現。室内外スポーツ観戦、アウトドアや暗い中でのコンサートにも 活躍。軽量で持ちやすく、全ての方にお楽しみいただける双眼鏡です。

     

     

    OPTICAI 7×21 MC ツイスト

    8,228円(税込)

     

     

     

    野外やドーム球場でおすすめの倍率は?

    東京でいえば、東京ドームとかになります。

     

    50,000人程度からそれ以上を収容する会場では、対象まで約150m後ろなんてこともあり得ます。

     

    あなたはどのあたりでご覧になりますか?

     

    先ずは、対象までの距離をざっくりでも把握しておくことは必要です。

     

    ただ最後尾でも、せいぜい21倍程度までの倍率があれば十分です。

     

    7倍の双眼鏡を使用すれば

    対象物までの距離が150mの場合、約20mの距離まで近づいた時と同じ大きさとなります。

    21倍の双眼鏡を使用すれば

    対象物までの距離が150mの場合、約7mの距離まで近づいた時と同じ大きさとなります。

     

     

    十分適切な距離だと思いませんか?

    OPTICAI 7×21 MC ツイストタイプ

     

    Bak-4プリズムでより明るく鮮明でシャープな映像を楽しめます。接眼レンズを大きくする事でより明るく、よりワイドな世界を実現。室内外スポーツ観戦、アウトドアや暗い中でのコンサートにも 活躍。軽量で持ちやすく、全ての方にお楽しみいただける双眼鏡です。

     

     

    OPTICAI 7×21 MC ツイスト

    8,228円(税込)

     

    OPTICAI 7-21×21 ZOOM

    感動の瞬間を逃さず捕らえる7-21倍高性能ズームワンタッチ操作。持ち運びに便利な軽量・小型ZOOM 双眼鏡。コンサートや観劇などの室内での使用から、スポーツ観戦、自然観察などの屋外での使用まで、ワンタッチ操作で様々なズーミングを楽しめます。 その他に旅行・観光・バードウォッチング・自然観察などあらゆるシーンに対応可能なオールラウンド タイプ。おしゃれで洗練されたボディーはパールホワイトとブラックの絶妙なカップリング。

     

    OPTICAI 7-21×21 ZOOM

    7,128円(税込)

     

     

    重さ

    次にチェックしたいのが重さに関してです。

    特にはじめてのスポーツ観戦の場合、あまりにも双眼鏡が重いと、体力勝負になる場合、最後まで持たない可能性があります。

    ある程度の重さがあった方がよい場合というのは、風の影響を強く受ける場所での使用の場合に限られますので、特にはじめてのスポーツ観戦の場合は、出来るだけ軽量の双眼鏡を選ぶのが望ましいでしょう。

     

     

    その他のチェックポイント

    視界の広さ

    あとチェックしたいのが視界の広さに関してです。

     

    視界の広さの単位として「実視界」と「見かけ視界」があります。

    「実視界」は双眼鏡を動かさずに見える範囲を角度で表したものです。

    「見かけ視界」は、「実視界」と倍率を掛けた数値で、双眼鏡で覗いたときの視野の広さを表します。

     

    「見かけ視界」を基準として選ぶ方が望ましいと述べているメーカーが多いですが…

    各双眼鏡のスペック表記には「実視界」が表記されているものがほとんどです。

     

    「実視界」の値が低けれは低いほど視界が狭くなります。

     

    「実視界」は、倍率が高くなれば高くなるほど低くなります。

     

    スポーツ観戦の場合は、かなり甘く見ますけど…

    「実視界」の値が2°を切らなければ、観戦に支障をきたすことは少ないと思います。

     

     

    明るさ

    最後にチェックしたいのが明るさに関してです。

     

    明るさを表す単位として、「ひとみ径」と「明るさ」があります。

    「ひとみ径」とは、30cmほど離れたところから接眼レンズを見たときに見える、明るい円のことをいい、双眼鏡の像の明るさを表す目安となります。

    「明るさ」は、「ひとみ径」の2乗で産出される値です。

     

    スポーツ観戦の場合、ほとんどの場合は日中、もしくは夜間でもスポットライトが対象には当たります。

    よっぽどの場合は気にしなくても大丈夫だとは思います。

     

    しかし

     

    「明るさ」が1を切るものは、見えないことはないですが注意しましょう。

     

     

     

    スポーツ観戦用双眼鏡のご提案

    いままで、スポーツ観戦用双眼鏡の選び方をご説明してまいりました。

     

    このことを踏まえまして、私共より今まさに最適なスポーツ観戦用双眼鏡をご提案してまいります。

     

    ナシカからのご提案

    スポーツ観戦用双眼鏡の選び方のポイントを踏まえ、対象までの距離が重要であることがわかりました。

     

    そこで

     

    私共ナシカより、当メーカーの商品の中で、スポーツ観戦用としておすすめしたい双眼鏡をご提案させて頂きます。

       

       

      OPTICAI 5×21 MC ツイストタイプ(主に屋内会場向け)

       

      目の疲れを感じさせない、高性能・広視界双眼鏡。 Bak-4プリズムでより明るく鮮明でシャープな映像を楽しめます。明るくクリアでよりワイドな 世界を実現。室内外スポーツ観戦、劇場・観劇、コンサートをはじめ、あらゆるシーンで活躍。 コンパクトタイプなので軽量で持ちやすく、全ての方にお楽しみいただける双眼鏡です。

       

       

      OPTICAI 5×21 MC ツイスト

      7,128円(税込)

       

       

      OPTICAI 7×21 MC ツイストタイプ(オールマイティー)

       

      Bak-4プリズムでより明るく鮮明でシャープな映像を楽しめます。接眼レンズを大きくする事でより明るく、よりワイドな世界を実現。室内外スポーツ観戦、アウトドアや暗い中でのコンサートにも 活躍。軽量で持ちやすく、全ての方にお楽しみいただける双眼鏡です。

       

       

      OPTICAI 7×21 MC ツイスト

      8,228円(税込)

       

      OPTICAI 7-21×21 ZOOM(主に野外、ドーム球場向け)

      感動の瞬間を逃さず捕らえる7-21倍高性能ズームワンタッチ操作。持ち運びに便利な軽量・小型ZOOM 双眼鏡。コンサートや観劇などの室内での使用から、スポーツ観戦、自然観察などの屋外での使用まで、ワンタッチ操作で様々なズーミングを楽しめます。 その他に旅行・観光・バードウォッチング・自然観察などあらゆるシーンに対応可能なオールラウンド タイプ。おしゃれで洗練されたボディーはパールホワイトとブラックの絶妙なカップリング。

       

      OPTICAI 7-21×21 ZOOM

      7,128円(税込)

       

      まとめ

       

      スポーツ観戦用双眼鏡の選び方のポイントは
      • 倍率は5倍~21倍程度
      • 重さはできるだけ軽量なもの

      上記の2点を最低限チェックすることが望ましいです。

         

        スポーツ観戦には双眼鏡は必須であるとは思います。

         

        しかし、条件をすべて満たす双眼鏡の中には高額の物も少なくありません。

         

        私共ナシカでは、条件を満たしつつもコストをおさえたアイテムをご提案しております。

        ナシカ双眼鏡も選択肢の一つとして加えて頂ければ幸いです。