【双眼鏡】6倍でおすすめは?!

【双眼鏡】倍率6倍で一番おすすめは?

CLACCS 6×18 DCF-IFF

6×18 DCF-IFF(ブルー) 

3,278円(税込) 



色はワインレッド、ブラウン、ピンク、ブルーの4色 ダハプリズム使用。
明るさに優れ、広視界レンズによりクリアでエキサイティングな世界を実現。
室内スポーツ観戦、観劇、コンサートをはじめ、あらゆるシーンで活躍。
洒落たボディーデザインで 折りたたみ可能なコンパクトタイプなので女性、お子様にも持ちやすく全ての方に安心してお楽しみ いただけるスタイリッシュ双眼鏡です。
片方ずつレンズのピント調整が可能で、より細かな調節ができます。
倍率 6倍
対物レンズ有効径 18mm
射出瞳径 2.6mm
明るさ 6.76
実視界 7.5°
近距離 11m
1000m先視界 131m
プリズム材質 Bk-7
コーティング MF
重量 130g
サイズ 80×65×45㎜
ボディ材質 メタリック塗装
ボディーカラー ワインレッド
セット内容 オリジナルソフトケース・ストラップ付
生産国 中国

6×18 DCF-IFF(ワインレッド) 

3,278円(税込) 

 

6×18 DCF-IFF(ブラウン) 

3,278円(税込) 

 

6×18 DCF-IFF(ピンク) 

3,278円(税込) 

 

【双眼鏡】倍率6倍のイメージは?

私共がおすすめする倍率6倍の双眼鏡は、CLACCS 6×18 DCF-IFFです。

 

しかし、そもそも…

 

「6倍ってどのように見えるのか?_」

 

に関して疑問を持たれている方。

 

 

そもそもの倍率の定義ですが

双眼鏡の見え方は「対象物までの距離÷倍率」でイメージできます。

例えばコンサートなどで客席からステージまでの距離が100mだった場合、6倍の双眼鏡を使用すると約16.7mの距離まで近づいた時とほぼ同じ大きさで見ることができます。

 

6倍の双眼鏡ですと、距離が100m離れているところでは、思ったほどよく見えない可能性があるとも言えます。

 

これが、コンサートなどで客席からステージまでの距離が半分の50mだった場合、6倍の双眼鏡を使用すると約8.4mの距離まで近づいた時とほぼ同じ大きさで見ることができます。

 

これなら体感が10m以内となりますので、6倍の双眼鏡だとタイムリーではないかと予想が出来ます。

 

このことを踏まえまして、各用途ごとのイメージを解説していきます。

 

コンサートでの倍率6倍のイメージは?

コンサートやライブの会場は大なり小なり様々です。

 

1,000~2,000人収容の会場では、そんなに高倍率の双眼鏡は必要ありません。

 

あなたは先頭から何列目でご覧になりますか?

 

ざっくりですが、1列で1.5m後ろに下がると考えれば間違いないと思います。

 

最後尾でも50列はない会場の場合は、せいぜい6倍程度までの倍率があれば十分です。

 

 

倍率は前後しますが…

5倍の双眼鏡を使用すれば

対象物までの距離が50mの場合、10mの距離まで近づいた時と同じ大きさとなります。

7倍の双眼鏡を使用すれば

対象物までの距離が50mの場合、約7mの距離まで近づいた時と同じ大きさとなります。

十分適切な距離だと思いませんか?

 

野球などのスポーツ観戦での倍率6倍のイメージは?

野球とかサッカーなどの野外や大会場の場合…

対象物までの距離が100mだった場合、6倍の双眼鏡を使用すると約16.7mの距離まで近づいた時とほぼ同じ大きさで見ることができます。

6倍の双眼鏡ですと、距離が100m離れているところでは、思ったほどよく見えない可能性があるとも言えます。

 

これが、屋内会場で対象物までの距離が半分の50mだった場合、6倍の双眼鏡を使用すると約8.4mの距離まで近づいた時とほぼ同じ大きさで見ることができます。

これなら体感が10m以内となりますので、6倍の双眼鏡だとタイムリーではないかと予想が出来ます。

 

結論ですが…

 

屋内会場では、そんなに高倍率の双眼鏡は必要ありません。

 

屋内ならば、対象まで50m以上離れることはないと思います。

 

したがって6倍程度の倍率でも十分です。

 

 

【双眼鏡】倍率6倍以外のおすすめは?

ここでは、6倍の双眼鏡の中でおすすめをご紹介しておりますが…

 

↓8倍だと…とお思いの方はコチラ↓

【双眼鏡】8倍でおすすめは?!

 

↓10倍だと…とお思いの方はコチラ↓

【双眼鏡】10倍でおすすめは?!

 

↓12倍だと…とお思いの方はコチラ↓

【双眼鏡】12倍でおすすめは?!

 

【双眼鏡】用途別のおすすめは?

ここでは、6倍の双眼鏡の中でおすすめをご紹介しておりますが…

 

例えば…   「●●のライブに行くから双眼鏡買おうかな」   と思ったとします。

今は、本当にあらゆるところで双眼鏡は販売しておりますが…

「種類がたくさんあって、何がおすすめなのかさっぱりわからない」

という方は多いのではないでしょうか?

 

そんな方のために

そこで下記のページにて

「どんな時にどんな双眼鏡がおすすめか?」

を解説しています。

【双眼鏡】おすすめを用途別解説

 

結論

 

【双眼鏡】倍率6倍で一番おすすめは?

CLACCS 6×18 DCF-IFF

6×18 DCF-IFF(ブルー) 

3,278円(税込) 



色はワインレッド、ブラウン、ピンク、ブルーの4色 ダハプリズム使用。
明るさに優れ、広視界レンズによりクリアでエキサイティングな世界を実現。
室内スポーツ観戦、観劇、コンサートをはじめ、あらゆるシーンで活躍。
洒落たボディーデザインで 折りたたみ可能なコンパクトタイプなので女性、お子様にも持ちやすく全ての方に安心してお楽しみ いただけるスタイリッシュ双眼鏡です。
片方ずつレンズのピント調整が可能で、より細かな調節ができます。
倍率 6倍
対物レンズ有効径 18mm
射出瞳径 2.6mm
明るさ 6.76
実視界 7.5°
近距離 11m
1000m先視界 131m
プリズム材質 Bk-7
コーティング MF
重量 130g
サイズ 80×65×45㎜
ボディ材質 メタリック塗装
ボディーカラー ワインレッド
セット内容 オリジナルソフトケース・ストラップ付
生産国 中国

6×18 DCF-IFF(ワインレッド) 

3,278円(税込) 

 

6×18 DCF-IFF(ブラウン) 

3,278円(税込) 

 

6×18 DCF-IFF(ピンク) 

3,278円(税込)